メインメニューを開く

若林 敬順(わかばやし けいじゅん、生没年未詳)は、江戸時代後期の町医者。将軍徳川家治危篤に際し一時幕府医官となる。

医術に巧みなところから、天明4年(1784年)12月1日将軍に拝謁し、町医者からお目見得医師の一員となる。 将軍家治の急病により、天明6年(1786年)8月16日日向陶庵とともに登城を命じられる。 同月19日奥医師(禄200俵)に任じられ、投薬を行なう。 翌20日病状が好転ぜず、奥医師大八木伝庵に交代する。 25日将軍薨去により、28日改易され町医者に戻る。