メインメニューを開く

若林村(わかばやしむら)は、かつて富山県西礪波郡にあった

若林村
廃止日 1957年9月30日
廃止理由 分割編入
若林村 → 砺波市、石動町
現在の自治体 砺波市小矢部市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
西礪波郡
隣接自治体 石動町、砺中町、砺波市
若林村役場
所在地 富山県西礪波郡若林村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い礪波郡金屋本江村、西中村、狐島村、下中村、砂田村、水牧村が合併し、若林村が発足。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 礪波郡が分割され西礪波郡に所属。
  • 1957年昭和32年)9月30日 - 村域を二分割し、次のとおり隣接自治体に編入され消滅。
    • 大字狐島・西中(一部)・下中(一部) → 砺波市に編入。
    • 大字金屋本江・水牧・西中(一部)・下中(一部) → 西礪波郡石動町に編入。

経済編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば若林村の篤農家は、「黒田次郎右衛門、太田一成、柴藤義則」などである[1]

医療編集

医師
  • 喜多養元[2]
  • 喜多文一郎[2]

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、504頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月18日閲覧。
  2. ^ a b 『最近調査大日本医師名簿』光明社、1931年、282頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月18日閲覧。

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集