メインメニューを開く

若槻 哲雄(わかつき てつお、1913年5月4日1993年4月2日)は、日本の物理学者。専門は原子核物理学。第10代大阪大学総長。元大阪府教育委員長長野県長野市出身。

経歴編集

  • 1936年 - 大阪帝国大学理学部物理学科卒業。同学助手。
  • 1947年 - 同助教授。
  • 1953年 - 理学博士(大阪大学)論文の題は「速い中性子の捕獲散乱について」[1]
  • 1955年 - 大阪大学教授。
  • 1959年 - 理学部付属原子核実験所長。
  • 1964年〜1965年 - ケンタッキー大学客員教授。
  • 1969年 - 理学部長。
  • 1971年〜1973年 - 京都大学原子炉実験所教授を併任。
  • 1975年 - 学長。
  • 1979年 - 退官、名誉教授。

参照編集

  • 『大阪大学歴代総長余芳』大阪大学出版会
  • 『若槻哲雄氏の五十年』 大阪大学五十年史資料・編集室
  • 『若槻哲雄先生を偲ぶ』日本物理學會誌48(10)
  • 『現代物故者事典 1991-1993』日外アソシエーツ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌エータベースによる