メインメニューを開く

英賀神社(あがじんじゃ)は、兵庫県姫路市飾磨区にある神社国史見在社で、旧社格は県社。

英賀神社
Agajinjya5008.JPG
拝殿
所在地 兵庫県姫路市飾磨区
英賀宮町2丁目70
位置 北緯34度48分22.4秒
東経134度38分23.0秒
座標: 北緯34度48分22.4秒 東経134度38分23.0秒
主祭神 英賀津彦神
英賀津姫神
菅原道真
誉田別天皇(応神天皇
天兒屋根命
社格 国史見在社・県社
例祭 10月17日・18日
テンプレートを表示

目次

祭神編集

歴史編集

 
鳥居
 
神木竹柏

例祭編集

秋季例大祭編集

10月17日、18日に行われ、18地区から17台の屋台、2頭の獅子が出る。

  • 梯子獅子・拝殿練りで有名。
  • 英賀獅子、高町獅子
  • 大屋台:中浜・山崎・英賀保駅前・英賀西・英賀東・附城・英賀清水・春日若倉・宮西・西浜・矢倉東・矢倉西・城南・富士見ヶ丘
  • 小屋台:宮東・英賀乙・春日

練り合わせ

  • 10月17日英賀保駅前にて9町(山崎、駅前、附城、春日若倉、矢倉東、富士見ヶ丘、春日、城南、
  • 10月17日英賀神社にて8町練り(中浜・英賀西・英賀東・宮西・宮東・英賀清水・矢倉西・西浜)
  • 10月18日英賀東の道路にて5町練り(中浜、英賀東、英賀清水、西浜、英賀乙)
  • 10月18日宮出前の練り合わせ

文化財編集

重要文化財(国指定)

  • 梵鐘
    鐘身に陽鋳の銘文があり、正中2年(1325年)、熊野新宮にあった「熊野山新宮権輿大雄禅寺」の鐘として造られたものであることがわかる[1]。鐘は南北朝時代の戦乱の際、熊野水軍の陣鐘とされ、海に沈んでしまったが、後に引き上げられ、英賀神社に奉納されたという。

その他

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 特別展図録『祈りの道 吉野・熊野・高野の秘宝』(大阪市立美術館編、毎日新聞社発行、2004)所収の解説による。

関連項目編集

外部リンク編集