メインメニューを開く

天児屋命(あめのこやねのみこと)は、日本神話に登場する

天児屋命

神祇 天津神
全名 天児屋命
別名 天児屋根命
別称 春日権化、春日大明神
神格 祝詞、神事
興台産霊神
天押雲命天御桙命天表春命天下春命
神社 春日大社枚岡神社
テンプレートを表示

目次

概要編集

古事記』では天児屋命、『日本書紀』は天児屋根命と表記される。春日権現(かすがごんげん)、春日大明神とも呼ぶ。

居々登魂命(こごとむすび)の子で、妻は天美津玉照比売命(あめのみつたまてるひめのみこと)。天押雲命の父。

古事記には岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、天照大御神が岩戸を少し開いたときに布刀玉命とともに鏡を差し出した。天孫降臨の際邇邇芸命に随伴し、中臣連の祖となったとある。

考証編集

名前の「コヤネ」は「小さな屋根(の建物)」[1]、または「言綾根(ことあやね)」の意味で、名義は「天上界の小屋根(託宣の神の居所)」、または「祝詞を美しく奏上すること」と考えられる。

知々夫国造の祖として知られる天表春命天下春命の二神は八意思兼神の子であるが、天児屋命の子にも同名の二神がおり、秩父彦命(知々夫彦命、知知夫彦命)をこの二神のうち天下春命の8世孫とする系図がある[2]。またこれらから天児屋命と思金神を同一神とする説がある[3]

系譜編集

津速産霊命の御子神興台産霊命の御子神で、天美津玉照比売命を娶って、天押雲命天御桙命天表春命天下春命をもうける。

信仰編集

中臣連の祖神であることから、中臣鎌足を祖とする藤原氏氏神として信仰された他、藤原氏の繁栄にあやかって現在では出世の神としても信仰されている。

祀る神社編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『新潮日本古典集成 古事記』新潮社
  2. ^ 『埼玉叢書. 第1巻』内『秩父志』内111頁「秩父彦命御系図」
  3. ^ 宝賀寿男「系図試案」『中臣氏―卜占を担った古代占部の後裔 古代氏族の研究〈5〉』青垣出版、2014年

関連項目編集