メインメニューを開く

茂世王

茂世王(しげよおう、生没年不詳)は、平安時代初期の皇族太政大臣仲野親王の子。官位正四位下刑部卿

目次

経歴編集

承和8年(841年従四位下に初叙され、翌承和9年(842年)に大学頭に任ぜられる。

嘉祥3年(850年仁明天皇崩御した際には作路司を務める。仁寿2年(852年讃岐権守次いで丹波守と地方官に転じる。天安2年(858年)の8月の文徳天皇崩御に際しては山作司を務めた。

同年11月に清和天皇即位すると弾正大弼として京官に復す。貞観元年(859年)従四位上に叙されたのち、貞観3年(861年阿波守、貞観8年(866年)には大宰大弐と清和朝前半は再び地方官を歴任する。貞観11年(869年宮内卿に遷ると、のち刑部卿と清和朝後半は京官を務めている。のち時期は不明ながら正四位下に至る。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 古今和歌集目録』平貞文条

参考文献編集