茨城県道158号上金沢栃原線

日本の茨城県の道路

茨城県道158号上金沢栃原線(いばらきけんどう158ごう かみかねさわとちはらせん)は、茨城県久慈郡大子町内の県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
茨城県道158号標識
茨城県道158号上金沢栃原線
総延長 9.887 km
実延長 9.887 km
制定年 1977年2月14日
起点 茨城県久慈郡大子町上金沢
終点 茨城県久慈郡大子町栃原新田
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0461.svg国道461号
茨城県道32号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

大子町上金沢の国道461号より分岐南下し、久慈川水系押川支流の相川の流れに沿って山を登り、大子町栃原新田の茨城県道32号大子美和線に接続する延長約10 km路線。八溝山地の尺丈山系の峠越えは約2.5 kmの不通区間となっており、上金沢側と栃原側の双方から本路線に入っても山中で行き止まりとなり、途中の抜け道はない。栃原側は、約1 kmが通行可能区間である。

 
茨城県道158号上金沢栃原線
大子町相川(2018年7月)

路線データ編集

歴史編集

1977年昭和52年)2月14日、前身にあたる県道上金沢頃藤線(久慈郡大子町大字上金沢 - 大字頃藤、整理番号197)の一部が主要地方道県道大子美和線)へ昇格となることに伴って路線廃止され[3]、同路線の残存区間を新規路線として、起点を久慈郡大子町大字上金沢、終点を同町大字栃原とする県道上金沢栃原線(整理番号197)として認定された[4]。のちに1995年平成7年)に、茨城県道の路線再編により整理番号158に変更されて現在に至る[5]

年表編集

  • 1959年(昭和34年)10月14日
    現在の路線の前身にあたる県道上金沢頃藤線(久慈郡大子町大字上金沢の主要地方道大子黒羽線分岐から久慈郡大子町大字頃藤の二級国道水戸郡山線交点まで、図面対照番号138)が路線認定される[6]
  • 1977年(昭和52年)2月14日
    • 県道上金沢栃原線(整理番号197)として路線認定される[4]
    • 道路区域が、久慈郡大子町大字上金沢 - 同町大字栃原(9.0361km)に決定する[1]
    • 同時に、県道上金沢頃藤線(整理番号197)が廃止される[3]
  • 1995年(平成7年)3月30日:整理番号197から現在の番号(整理番号158)に変更される[5]

交通量編集

  • 久慈郡大子町栃原883:22台[7]

地理編集

通過する自治体編集

 
大子町相川(2012年5月)
不通区間付近はダートとなっている
  • 茨城県
    • 久慈郡大子町(一部通行不能区間あり)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典編集

  1. ^ a b c 県道路線の認定(昭和52年2月14日 茨城県告示149号の3) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6502号: pp. 9-10, (1977年2月14日) 
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ a b 県道路線の廃止(昭和52年2月14日 茨城県告示149号の2) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6502号: pp. 7-9, (1977年2月14日) 
  4. ^ a b 県道路線の認定(昭和52年2月14日 茨城県告示149号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6502号: pp. 5-7, (1977年2月14日) 
  5. ^ a b 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第637号: pp. 8-12, (1995年3月30日) 
  6. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  7. ^ 平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)より

参考文献編集

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、9頁。

関連項目編集

外部リンク編集