メインメニューを開く

茨木 俊秀(いばらき としひで、1940年9月29日[1] - )は、京都情報大学院大学の学長である。兵庫県出身[1]

目次

略歴編集

主要な研究論文編集

  • Ibaraki, Imahori, Nonobe, Sobue, Uno, Yagiura: An iterated local search algorithm for the vehicle routing problem with convex time penalty functions, Discrete Applied Mathematics, Vol. 156, pp. 2050-2069, 2008.
  • Matsumoto, Miwa, Ibaraki: Scheduling of corrugated paper production, European Journal of Operational Research, Vol. 192, pp. 782-792, 2009.
  • 片岡,茨木「研究室配属のための一方式の提案とその数理的考察」 日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌,51巻,pp. 71-93, 2008.

その他,約400編。

  • Hashimoto, Ezaki, Yagiura, Nonobe, Ibaraki, Lokketangen:A set covering approach for the pickup and delivery problem with general constraints on each route,Pacific Journal of Optimization, Vol. 5, pp. 185-202, 2009.
  • Umetani, Yagiura, Imahori, Imamichi, Nonobe, Ibaraki:Solving the irregular strip packing problem via guided local search for overlap minimization,ITOR (International Transactions in Operational Research), Vol.16,pp. 661-683, 2009.
  • Ibaraki, A personal perspective on problem solving by general purpose solvers, ITOR (International Transactions in Operational Research), to appear.

著書編集

  • 「Cによるアルゴリズムとデータ構造」, 昭晃堂, 1999 年
  • 「情報学のための離散数学」,昭晃堂,2004 年
  • Algorithmic Aspects of Graph Connectivity, Cambridge University Press, 2008

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.252

外部リンク編集