メインメニューを開く

草津 賢治(くさつ けんじ、1976年7月15日 - )は、日本男性キックボクサー空手家静岡県三島市出身。身長181cm、体重96kg。正道会館チーム・アンディ所属。プロレスラーとして活躍したグレート草津(草津正武)の二男であり、父親のリングネームを引き継いで使用していた。

グレート草津
基本情報
本名 草津 賢治
階級 ヘビー級K-1
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1976-07-15) 1976年7月15日(43歳)
出身地 日本の旗 日本
静岡県三島市
スタイル 空手
テンプレートを表示

来歴編集

小学校・中学校とサッカーを経験。

天理高校ラグビー部では1年生からレギュラーとなり2年・3年時には花園に出場し、日本大学にスポーツ推薦で入学した。その後、正道会館に入門した。

1999年、第1回正道会館全日本ウェイト制重量級で3位入賞。アンディ・フグ率いるチーム・アンディの一員となった。

2000年1月25日、K-1 RISING 2000でモンスターファクトリーオーディション1期生宮本健太郎相手にデビュー予定であったが、宮本の病気欠場により不戦勝となった。

2000年3月19日、父親のリングネームグレート草津を襲名し、K-1 BURNING 2000でプロレスラー松永光弘相手に改めて「デビュー戦」を行い、開始30秒でTKO勝ち。

2002年8月10日一撃で行われたK-1 JAPAN GP リザーバー決定戦で森口竜と対戦し、判定勝ち[1]

K-1ではシリル・アビディ中迫剛ステファン・レコらと対戦した。

父親の看病のため休業に入っていたが、父親の死を機に引退を決意。[要出典]


2008年11月21日、親交のあるマキシマムザホルモンらが出演したライブイベント「SKULLSHIT presents SKULLMANIA Vol.2 〜グレート草津FINAL〜」で引退試合を行った。正道会館の先輩である中迫強と対戦。この試合のレフェリーは角田信朗。ただし、試合は3分2R、レガース着用のエキシビションマッチ。試合後、武蔵がサプライズ登場し、さらに3分間のスパーリングを行った。

その後はうつ病のカウンセリングなどの仕事に就いている。

戦績編集

キックボクシング 戦績
16 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
6 3 2 1 1 0
9 3 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヴィトー"ヴィッチーノ" 3R終了 判定0-3 K-1 BEAST 2004 in 静岡 〜JAPAN GP 決勝トーナメント〜
【オープニングファイト】
2004年6月26日
FABIANO 1R 2:53 KO(右後ろ蹴り) K-1 BURNING 2004 〜沖縄初上陸〜 2004年2月15日
× ステファン・"ブリッツ"・レコ 2R 2:44 KO(3ノックダウン:右フック) K-1 WORLD GP 2003 in Las Vegas 2003年5月2日
アレキサンダー・ピチュクノフ 3R終了 判定1-0 一撃 2.22 ICHIGEKI 2003年2月22日
× ピーター・ボンドラチェック 2R 1:32 KO(右ローキック) K-1 ANDY SPIRITS 〜JAPAN GP 決勝戦〜 2002年9月22日
森口竜 3R終了 判定3-0 一撃 8.10 ICHIGEKI
【K-1 JAPAN GP リザーバー決定戦】
2002年8月10日
× 富平辰文 延長2R終了 判定0-3 K-1 SURVIVAL 2002 〜富山初上陸〜
【K-1 JAPAN GP 2002 代表決定戦】
2002年6月2日
モハメド・アリ(モハメド・アズーイ 2R 1:35 KO(キック) K-1 RISING 2002 〜静岡初上陸〜 2002年1月27日
× 中迫剛 3R終了 判定0-3 K-1 ANDY MEMORIAL 2001 〜JAPAN GP 決勝戦〜
【K-1 JAPAN GP 1回戦】
2001年8月19日
百瀬竜徳 3R終了 判定2-0 K-1 SURVIVAL 2001 〜K-1 JAPAN GP 開幕戦〜
【K-1 JAPAN グランプリ 1回戦】
2001年6月24日
× エベンゼール・フォンテス・ブラガ 2R 1:20 KO(2ノックダウン:右フック) K-1 WORLD GP 2001 in OSAKA
【1回戦】
2001年4月29日
× シリル・アビディ 5R終了 判定1-2 K-1 GLADIATORS 2001 2001年3月17日
× ノブ・ハヤシ 5R終了 判定0-3 K-1 RISING 2001 〜四国初上陸〜 2001年1月30日
× 黒澤浩樹 再延長R終了 判定0-3 K-1 SURVIVAL 2000
【JAPAN GP 1回戦】
2000年5月28日
松永光弘 1R 0:30 TKO(タオル投入:右フック) K-1 BURNING 2000 2000年3月19日
宮本健太郎 不戦勝 K-1 RISING 2000
【フレッシュマン・ファイト】
2000年1月25日

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集