百瀬 竜徳(ももせ たつのり、1979年7月18日 - )は、日本男性空手家キックボクサー神奈川県出身。身長187cm、体重94kg。伊藤隆が会長を務めるキックボクシングジム「TARGET」に所属。

百瀬 竜徳
ももせ たつのり
基本情報
通称 視聴者代表
階級 ヘビー級K-1
身長 187cm
体重 94kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1979-07-18) 1979年7月18日(44歳)
出身地 神奈川県
スタイル 空手キックボクシング
テンプレートを表示

来歴 編集

高校卒業後働いていたが、K-1への夢をあきらめきれず1999年に地元の空手道場・至誠館へ通い始める。[要出典]

2000年5月5日、第11回全日本新空手道選手権大会・重量級に出場。2回戦で小野寺茂雄と対戦し、延長の末判定負け。

2000年9月3日、モンスターチャレンジ2000重量級に出場。準決勝で藤本祐介に左ミドルキックでKO負け。

2001年5月5日、第12回全日本新空手道選手権大会・重量級に出場。決勝でアレックス・ロバーツと対戦し、延長の末判定で勝利[1]K-1 JAPAN GP 開幕戦への出場権を得た。

2001年6月24日、K-1 SURVIVAL 2001 〜JAPAN GP 開幕戦〜にてグレート草津と対戦し、判定負け。

2002年1月11日、「一撃」でマウリシオ・ダ・シルバと対戦し、KO負け。

2002年5月3日、第13回全日本新空手道選手権大会重量級に出場し、3位となった[2]

2003年12月23日、R.I.S.E.のヘビー級トーナメントに出場。決勝で青柳雅英に判定負けし、準優勝。

2004年1月24日、「FUTURE FIGHTER IKUSA 5 〜乱〜 MONKEYMAGIC」でノブ・ハヤシとエキシビションマッチで対戦。

2004年12月19日、R.I.S.E. DEAD or ALIVE Tournament '04で青柳雅英と対戦予定であったが、青柳の左肋骨骨折により欠場となった。

2005年6月19日、R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '05に出場。決勝でマグナム酒井士道館)にKO勝ちして優勝を果たした。

2005年12月18日、R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '05のスペシャルワンマッチに出場し、中迫強と対戦し0-1の判定ドロー。

2006年7月30日、R.I.S.E.で澤屋敷純一と対戦し、右アッパーでKO負け。

2007年2月25日、K-1 JAPAN TRYOUTに参加。128名の応募者の中から合格(合格者は9名)[3][4]。5月4日から6日にかけて行われた最終合宿でも生き残り、アーネスト・ホースト率いる「チーム・ホースト」所属となった[5][6]

2007年8月16日、K-1 TRYOUT 2007 SURVIVALで本戦出場権を賭けたK-1 YOUNG JAPAN GPトーナメントに出場。1回戦で前田慶次郎と対戦し判定負けに終わる。

2009年1月31日、R.I.S.E. 52で元Jリーグ名古屋グランパス・ユースチーム所属の日系ブラジル人ホネル・マツダと対戦予定であったが、自身のインフルエンザにより前日になってドクターストップとなり欠場した[7]

2009年6月21日、M-1ヘビー級王座挑戦決定戦で悠羽輝と対戦し、判定負け。

2010年4月に現役引退を発表[8]。5月16日、RISE 65で同門のファビアーノ・サイクロンとの引退エキシビションマッチを行った[9]

戦績 編集

プロ 編集

キックボクシング 戦績
22 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
9 4 5 0 2 0
11 4 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 悠羽輝 3R終了 判定0-3 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 2009 Yod Nak Suu vol.2
【M-1ヘビー級王座挑戦決定戦】
2009年6月21日
× HIROYA 3R終了 判定0-2 TENKAICHI fight【キックルール】 2008年12月21日
内田洋一 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. 49 〜RISING ROOKIES CUP〜 2008年8月30日
× 森口竜 3R+延長R終了 判定1-2 R.I.S.E. -γ- "R.O.C"
【ヘビー級タイトルセレクションマッチ】
2008年2月22日
× 前田慶次郎 3R終了 判定0-3 K-1 TRYOUT 2007 SURVIVAL
【K-1 YOUNG JAPAN GP 1回戦】
2007年8月16日
× アレックス・ロバーツ 1R 2:10 KO(右ハイキック) R.I.S.E. FIREBALL 1 2007年4月12日
× 澤屋敷純一 2R 2:46 KO(右アッパー) R.I.S.E. XXVIII 2006年7月30日
× 青柳雅英 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '06【1回戦】 2006年3月26日
中迫強 3R終了 判定0-1 R.I.S.E. DEAD or ALIVE Tournament '05
【スペシャルワンマッチ】
2005年12月18日
マグナム酒井 1R 2:45 KO(右ハイキック) R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '05
【決勝】
2005年6月19日
神谷友和 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '05
【準決勝】
2005年6月19日
伊賀弘治 2R途中 負傷判定2-0 R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '05
【1回戦】
2005年6月19日
長谷川康也 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '05 〜volcano〜」 2005年1月21日
アレキサンダー・ロバーツ 3R終了 判定0-1 R.I.S.E. The Law of The Ring(リングの掟)〜日本 vs 世界〜 2004年7月4日
× 伊藤学 2R 2:45 KO(右フック) R.I.S.E. VI 2004年2月11日
× 青柳雅英 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. Dead or Alive Tournament
【ヘビー級トーナメント 決勝】
2003年12月23日
ジョセフ・"アイアン・ブル"・コーマン 2R 1:09 KO(ローキック) R.I.S.E. Dead or Alive Tournament
【ヘビー級トーナメント 1回戦】
2003年12月23日
吉川富美男 3R+延長R終了 判定2-0 FUTURE FIGHTER IKUSA 3 -特攻- BROKEN ARROW 2003年6月8日
池田亮 3R 1:17 KO(3ノックダウン:右ローキック) R.I.S.E. second 2003年4月27日
岡本REY 1R 1:03 KO(ローキック) R.I.S.E. 2003年2月23日
× マウリシオ・ダ・シルバ 1R 0:59 KO 一撃 2002年1月11日
× グレート草津 3R終了 判定0-2 K-1 SURVIVAL2001 〜K-1JAPAN GP 開幕戦〜
【K-1 JAPAN グランプリ 1回戦】
2001年6月24日

アマチュア 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 藤本祐介 KO(左ミドルキック) モンスターチャレンジ2000 ジャパンオープン 〜K-1への道〜
【K-2トーナメント重量級 準決勝】
2000年9月3日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集