メインメニューを開く

草笛(くさぶえ)とは、草の茎や葉を巻いたりして、リコーダーの様に吹くである。玩具の内、自然玩具というカテゴリに分類される。

使用される植物はタンポポスズメノテッポウカラスノエンドウアシマテバシイミョウガツユクサなど[1]。種類、構造は多彩であり、古来子供の手作りの玩具として親しまれてきた。「うつほ物語」など、中世文学作品にも、草笛への言及がある。かつては、草刈り笛とも呼ばれていた。

草笛の例編集

タンポポ編集

タンポポの茎をリコーダー代わりにする。茎を5cm程度に切り、片方を指で軽くつぶす[1]。潰した方を口にくわえ、吹くことにより音が出る。音程は、息の強さ、頬のふくらませ方で変えることにより簡単な曲が演奏できる。

笹笛編集

の葉を口に当て、そこから漏れる際に発生する振動で音を出す。音程は息の強さ、頬のふくらませ方で変える。

柴笛編集

椿の葉の縁を巻き、唇にあてて吹く。

葦笛編集

の葉から芯を引き抜き、芯をさらにむいて巻いたものを吹く(アシのアブ笛)[1]

麦笛編集

の葉の先端の芯の葉を巻いて吹く。葦笛などより吹き方が容易で、音色も良い。「滑稽雑談」「年波草」など、俳諧の書物にも、麦笛への言及があり、俳諧の季題となっていた。

参考文献編集

  1. ^ a b c 研究経過”. 川崎市幼稚園協会. 2019年11月17日閲覧。

関連編集