荒川 定安(あらかわ さだやす)は、江戸時代初期の旗本吉良氏の一族で、荒川家を興した。

 
荒川 定安
時代 江戸時代前期
生誕 慶長4年(1599年
死没 明暦2年5月26日1656年7月18日
別名 右馬助(通称
戒名 月公
墓所 万昌院
官位 従五位下、山城守、出羽守
幕府 江戸幕府旗本
氏族 荒川氏(清和源氏足利氏流、吉良氏庶流)
父母 父:吉良義定、母:今川氏真の娘
兄弟 吉良義弥荒川定安一色定堅
持暇定昭、女(内藤信直室)、女(三宅重貞室)、女(長谷川重俊室)、女(松平忠福室)
テンプレートを表示

生涯編集

慶長4年(1599年)、吉良義定の次男として生まれる。

元和5年(1619年)2月、はじめて将軍徳川秀忠御目見した。元和9年(1623年)1月に書院番士となり、12月に三河において500石を賜った。寛永3年(1626年)に秀忠が上洛した際にはその行列に従軍した。寛永10年(1633年)2月7日に武蔵において200石加増。寛永13年(1636年)9月27日には書院番組頭となり、12月29日には布衣の着用が許された(六位相当になったことを意味する)。

慶安3年(1650年)11月19日に書院番頭に就任し、慶安4年(1651年)8月16日には従五位下山城守に叙任した。11月21日には1000石を加増されて都合1700石を知行した。

明暦2年(1656年)5月26日に死去した。享年58。吉良家菩提寺でもある江戸市谷万昌院に葬られた。万昌院は荒川家代々の葬地となった。

参考文献編集