荒木 繁(あらき しげる、1922年 - )は、日本の国文学者和光大学名誉教授

茨城県生まれ。1947年東北帝国大学法文学部国文科卒。同大学副手。東京都立西高等学校教諭、和光大学人文学部教授。93年定年退任、名誉教授。語り物文芸、国語教育を専門とする。[1]

著書編集

  • 『文学教育の理論』明治図書出版 1970
  • 『語り物と近世の劇文学』桜楓社 1993

共編著編集

校注編集

編集

  1. ^ 『幸若舞』校注者紹介