荒熊 谷五郎(あらくまたにごろう、1899年12月13日-1979年9月23日[1])は、陣幕部屋に所属した力士。本名は前田 熊次(まえだ くまじ)。現在の兵庫県加古川市出身。身長174cm、体重113kg。東京での最高位は東前頭6枚目(1928年1月場所)。得意手は右四つ、寄り。

来歴編集

1918年に大坂相撲の陣幕部屋に入門、1922年に入幕、1924年には大関に昇進し、大坂を代表する力士のひとりとなった。

1927年1月大坂相撲より加入の形で東京で新入幕となったが、大坂の大関が東京では前頭9枚目にランク付けられた。それでも、1927年5月場所には8勝2敗の好成績を挙げたり、1928年5月場所には同じ大坂出身の横綱宮城山を破る金星を挙げた。1931年1月場所に十両に陥落したところで3月場所かぎりで廃業した。荒熊の四股名は世話になっている旅館の屋号から。

主な成績編集

  • 幕内成績:70勝105敗1休 勝率.400
  • 幕内(東京)在位:16場所
  • 金星:1個(宮城山1個)

場所別成績編集

荒熊 谷五郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1927年
(昭和2年)
東前頭9枚目
2–9 
東前頭9枚目
2–9 
東前頭15枚目
8–2–1 
西前頭13枚目
3–8 
1928年
(昭和3年)
東前頭6枚目
1–10 
西前頭8枚目
4–7 
西前頭10枚目
6–5
西前頭10枚目
6–5 
1929年
(昭和4年)
東前頭10枚目
6–5 
東前頭10枚目
6–5 
東前頭9枚目
7–4 
東前頭9枚目
2–9 
1930年
(昭和5年)
東前頭11枚目
6–5 
東前頭11枚目
5–6 
東前頭11枚目
4–7 
東前頭11枚目
4–7 
1931年
(昭和6年)
東十両筆頭
0–0–11 
東十両筆頭
引退
0–0–11
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 荒熊 谷五郎(あらくま たにごろう)1927年1月場所 - 1931年3月場所

参考文献編集

  • 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集