メインメニューを開く

荒熊谷五郎(あらくまたにごろう、1899年12月13日-1979年9月23日[1])は、陣幕部屋に所属した力士。本名は前田熊次。現在の兵庫県加古川市出身。174cm、113kg。

目次

来歴編集

1918年に大坂相撲の陣幕部屋に入門、1922年に入幕、1924年には大関に昇進し、大坂を代表する力士のひとりとなった。

1927年1月大坂相撲より加入の形で東京で新入幕となったが、大坂の大関が東京では前頭9枚目にランク付けられた。それでも、1927年5月には8勝2敗の好成績をあげたり、1928年5月には同じ大坂出身の横綱宮城山を破る金星をあげたりもした。1931年1月、十両におちたところで3月かぎりで廃業した。東京での最高位は東前頭6枚目(1928年1月)。荒熊の四股名は世話になっている旅館の屋号から。

成績編集

  • 幕内(東京)16場所70勝105敗1休
  • 金星1(宮城山から)

改名編集

陣曻→荒熊(1921年1月)[2]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19270104.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709