荒鵑(こうけん)は、鎌倉時代前期の女性和田胤長の娘。一族の苗字を付して和田荒鵑(わだ こうけん)と表記されることもある[1]

 
荒鵑
時代 鎌倉時代前期
生誕 承元2年(1208年
死没 建暦3年3月21日1213年4月13日
幕府 鎌倉幕府
氏族 三浦氏庶流和田氏
父母 父:和田胤長
テンプレートを表示

生涯編集

和田氏系図
杉本義宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和田義盛
 
和田義長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和田常盛
 
和田胤長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和田朝盛
 
 
 
荒鵑
 
 
『吾妻鏡』および『系図纂要』参照[2][3]

承元2年(1208年)、和田胤長の娘として誕生する[注釈 1]

建暦3年3月17日1213年4月9日)、泉親衡の乱に連坐した父・胤長は陸奥国岩瀬郡に配流された[4]3月21日4月13日)、父に会えなくなった悲しみから病になってしまった荒鵑がついに危篤となったため、胤長と似ていたはとこ和田朝盛が帰ってきたということを父と偽って伝えると、彼女は少し目を開けてその姿を微かに見て、ついに目を閉じて亡くなったという[2]。このとき6歳、その日の夜に火葬された[2]。27歳の母はこれを機に出家したという[2]

この荒鵑の死は、和田合戦に至るまでの和田氏の悲劇の一つとしてしばしば取り上げられている。[要出典]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 没年の記事に於ける年齢表記「年六」、すなわち数え6歳から逆算[2]

出典編集

  1. ^ 野口武司 2007, p. 4, 表四.
  2. ^ a b c d e 『吾妻鏡』, 建暦三年三月廿一日条.
  3. ^ 『系図纂要』, 平朝臣姓三浦流.
  4. ^ 『吾妻鏡』, 建暦三年三月十七日条.

参考文献編集

史料編集

  • 吾妻鏡』 前篇、吉川弘文館〈新訂増補国史大系32〉、1964年。 
  • 系図纂要』 第八冊、名著出版、1974年。 

論文編集

  • 野口武司「『吾妻鏡』の死没記事」『信州豊南短期大学紀要』第24巻、2007年3月1日、 1-175頁。

関連作品編集