荘順皇貴妃(そうじゅんこうきひ、満州語: ᡨᠣᠪ
ᡳᠵᡳᠰᡥᡡᠨ
ᡥᡡᠸᠠᠩ
ᡤᡠᡳᡶᡝᡳ
[1] 転写:tob ijishūn hūwang guifei、道光2年(1822年) - 同治5年(1866年))は、の第8代皇帝道光帝の側室で、第11代皇帝光緒帝の祖母。姓はウヤ(烏雅)氏。筆貼式(七品以下の文員)の霊寿(リンシェウ)の娘。母は妾の翁氏[2]

道光帝より40歳年下であった。道光15年(1835年)、「琳貴人」に封ぜられた。同17年(1837年)、「秀常在」に降格された。翌18年(1838年)、琳貴人に復帰した。その後、醇親王奕譞(光緒帝の父)など4人の子女を産み、琳嬪、琳妃に進み、琳貴妃にいたった。

咸豊帝が即位すると、琳貴太妃に尊封された。また同治帝の即位後、琳皇貴太妃に尊封された。数え45歳で薨去し、慕陵の妃園寝に陪葬された。

子女編集

  • 奕譞(醇親王)
  • 寿荘固倫公主
  • 奕詥(鍾親王)
  • 奕譓(孚郡王)

脚注編集

  1. ^ 内務府檔冊
  2. ^ 『烏雅氏族譜』

参考文献編集