メインメニューを開く

菅田 榮治(すがた えいじ、1908年2月16日 - 1988年7月13日)は日本工学者工学博士

国産第一号の電子顕微鏡の組み立てに成功した[1]

目次

経歴編集

鳥取県米子市米原出身。

福米小学校、米子中学校(現米子東高校)を経て推薦大阪高等工業学校に入学するが、同校が1929年に大学に昇格したのにともない、彼もまた大学に進学して 1932年に卒業、そのまま講師として残った[2]

1933年大阪帝国大学工学部専任講師に迎えられると、電子顕微鏡の研究一筋に打ち込み、1940年、国産第一号の電子顕微鏡の組み立てに成功した[1]。倍率一万倍、今から見れば幼稚であるが当時としては、驚くべき性能であった[1]

1966年阪大工学部長、1971年大阪府立工業技術研究所長、1977年大阪電気通信大学学長などの要職に就任[3]

1980年正月には、宮中の読書始めの儀で進講者に選ばれ、昭和天皇にご進講するなどの栄誉に輝いた[4]。1988年、没。

人物像編集

米子中学では特待生として授業料免除の恩典に浴す一方、柔道部に籍を置き、米中柔道部が山陰制覇をした時の先鋒をつとめるなど、まさしく文武両道を地でいく生徒であった[2]

趣味は写真、宗教基督教聖公会[5]

参考文献編集

  • 『勝田ヶ丘の人物誌』(編集・勝田ヶ丘の人物誌編集委員会、発行・鳥取県立米子東高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000年、411-413頁)

著作編集

  • 超電子顕微鏡研究をめぐりての技術者魂の発露(『軍事と技術』第201号、1943年9月)

脚注編集

  1. ^ a b c 『勝田ヶ丘の人物誌』412頁
  2. ^ a b 『勝田ヶ丘の人物誌』411頁
  3. ^ 『勝田ヶ丘の人物誌』413頁
  4. ^ 近代史を飾った 西部人物伝
  5. ^ 第廿一版 人事興信録 』より

関連項目編集

外部リンク 編集