メインメニューを開く

華叟 宗曇(かそう そうどん、文和元年/正平7年(1352年) - 正長元年6月27日1428年8月8日))は、南北朝時代-室町時代前期の臨済宗[1][2]諡号は大機弘宗禅師[1]

経歴・人物編集

播磨国揖西郡出身[2]。8歳にして京都大徳寺徹翁義亨に投じ、14歳で出家[2]。のち徳禅寺言外宗忠に参じ、印可を得る[1][2]近江堅田祥瑞寺をひらき、住持した[1]。門弟にはのちに大徳寺派の主流派となる一休宗純養叟宗頤など[1][2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『華叟宗曇』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『華叟宗曇』 - コトバンク