メインメニューを開く

華陽丸(かようまる/かやうまる)は、長州藩(山口藩)所属の運輸船[1]

基本情報
運用者 長州藩(山口藩)[1]
艦種 運輸船[1]
艦歴
要目
総トン数 413トン[1]
長さ 170 ft (51.8 m)[1]
30 ft (9.1 m)[1]
機関 蒸気機関[1]
その他 船材:[1]
テンプレートを表示

艦歴編集

日本近世造船史 明治時代』によると
山口藩が松山で捕獲し、明治元年4月(1868年)に山口に持ち帰り、藩の保管とした[1]。 同年閏4月から8月、馬関三田尻間を航海した[2]

『日本海軍史 第7巻』『写真 日本海軍全艦艇史』によると
山口藩所属。明治元年松山で捕獲し軍務官所管となったが、同年2月に山口藩に返還された[3]

所属編集

上記のように『日本近世造船史 明治時代』では山口藩が保管[1]、 『日本海軍史 第7巻』『写真 日本海軍全艦艇史』では一時的に軍務官(明治政府、日本海軍)の所属となった[3]、 としている。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j #日本近世造船史明治(1973)p.135
  2. ^ #日本近世造船史明治(1973)p.177
  3. ^ a b 『日本海軍史 第7巻』p.469。中川努「主要艦艇艦歴表」#日本海軍全艦艇史資料篇p.32。

参考文献編集

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』海軍歴史保存会、1995年。
  • 造船協会『日本近世造船史 明治時代』明治百年史叢書、原書房、1973年(原著1911年)。
  • 福井静夫『写真 日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1

関連項目編集