メインメニューを開く
警視総監在任中の萱場軍蔵

萱場 軍蔵(かやば ぐんぞう、1893年明治26年)9月11日 - 1979年昭和54年)11月15日)は、日本の内務官僚。内務三役(内務次官警保局長警視総監)を全て経験した。

経歴編集

宮城県名取郡東多賀村(現・名取市)出身。東北中学第二高等学校東京帝国大学法学部卒業。東京帝大卒業後、文官高等試験に合格し、内務省に入省。

1934年(昭和9年)、栃木県知事に就任。1937年(昭和12年)、岡山県知事に就任。1936年、警保局長に就任。1939年(昭和14年)、警視総監に就任。1941年(昭和16年)、内務次官に就任。1942年(昭和17年)、内務次官を辞任した。

第二次世界大戦後、連合国軍総司令部 (GHQ) によって公職追放を受けた。1979年(昭和54年)11月15日死去。享年87(満86歳没)。

親族編集


公職
先代:
挟間茂
  内務次官
第45代:1940年 - 1941年
次代:
湯沢三千男