メインメニューを開く

萱野神社(かやのじんじゃ)は、滋賀県大津市にある神社神紋は「蓑亀」。別称として「九帝王宮(九帝王社)」「九大王社」とも。

萱野神社
萱野神社 拝殿.JPG
拝殿
所在地 滋賀県大津市大萱2-21-1
位置 北緯34度59分12.97秒
東経135度55分28.76秒
座標: 北緯34度59分12.97秒 東経135度55分28.76秒
主祭神 開化天皇
創建 (伝)雄略天皇6年
本殿の様式 一間社流造
別名 九帝王宮、九大王社
例祭 5月5日
テンプレートを表示
鳥居

祭神編集

祭神は以下の1柱で「九帝王大明神」とも称している。

なお、明治に上記1柱になるまでは以下の5柱を祀っていた[1]。。

歴史編集

大津市東部、瀬田駅の裏手すぐに鎮座する。

彦坐王命(開化天皇皇子)第4世にあたる治田連(はるたのむらじ)は、淡海国造としてこの地に居住したといわれる。『国造本紀』には成務天皇期に彦坐王3世孫・大陀牟夜別が淡海国造に任じられた旨が記され[2]、『新撰姓氏録』には治田連が彦坐命の後裔で4世孫の彦命に功があり治田連の姓を賜った旨が記されている[3]。治田連は栗太地域(後世の栗太郡)の開拓に携わったという。そして雄略天皇6年に治田一族の遠祖である開化天皇を祀ったのが創祀とされる[4][1]

和銅8年(715年)に旱魃が発生した際、農民皆が雨乞を行うと、里の山中の洞穴から亀が出てくるとともに大雨が降りだしたという[1]。この伝承に因み神紋は「蓑亀」という独特のものであり、拝殿前には藁で作られた亀が飾られている。当社には古来より氏子や領主、代々の膳所城主の崇敬が篤かったといわれ、境内の寄進も行われた[1]

明治に入り、祭神を開化天皇1柱とするとともに、社号も1869年に現在の「萱野神社」に改めた[1]1888年には東海道本線の設置で境内地は二分され、その後の増設工事もあったことで境内地は縮小し現在に至っている[1]

境内編集

 
本殿
  • 本殿 - 一間社流造、間口一間三尺、奥行一間
  • 拝殿 - 切妻造、間口三間、奥行三間

摂末社編集

境内社
  • 市杵島姫神社[5]
  • 西浦神社
  • 天満宮
  • 水天宮
  • 金刀比羅神社
  • 稲荷神社
  • 大将軍神社
境外社
  • 藤ヶ森神社
  • 東浦神社
  • 西浦神社
  • 貴船神社
  • 大山祗神社

祭事編集

現地情報編集

所在地
交通アクセス

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 萱野神社(滋賀県神社庁)。
  2. ^ 『国造本紀』淡海国造条「淡海国造。志賀高穴穂朝御世。彦坐王三世孫大陀牟夜別定賜国造。」。
  3. ^ 『新撰姓氏録』治田連条「治田連。開化天皇皇子彦坐命之後也。四世孫彦命征北夷有功効。(中略)因行事賜治田連姓也。」。
  4. ^ 『滋賀県の地名』大萱村項。
  5. ^ 摂末社は萱野神社(滋賀県神社庁)を参考にして記載。
  6. ^ 祭事は萱野神社(滋賀県神社庁)を参考にして記載。
  7. ^ 萱野神社の春祭り(大津市歴史博物館)参照。

参考文献編集

  • 神社由緒書
  • 『日本歴史地名体系 滋賀県の地名』(平凡社)大津市 大萱村項

外部リンク編集