メインメニューを開く

開化天皇

日本の第9代天皇

開化天皇(かいかてんのう、孝元天皇7年 - 開化天皇60年4月9日)は、日本の第9代天皇(在位:孝元天皇57年11月12日 - 開化天皇60年4月9日)。記紀における系図上の人物。

開化天皇

在位期間
孝元天皇57年11月12日 - 開化天皇60年4月9日
先代 孝元天皇
次代 崇神天皇

誕生 孝元天皇7年
崩御 開化天皇60年4月9日 115歳[注釈 1]
陵所 春日率川坂上陵
別称 稚日本根子彦大日日天皇(紀)
若倭根子日子大毘毘命(記)
父親 孝元天皇
母親 欝色謎命
皇后 伊香色謎命
夫人 丹波竹野媛
姥津媛
比売
子女 御間城入彦五十瓊殖尊(崇神天皇
御真津比売命
彦湯産隅命
彦坐王
建豊波豆羅和気王
皇居 春日率川宮(春日之伊邪河宮)

欠史八代の1人。
テンプレートを表示

目次

略歴編集

孝元天皇の第二皇子。母は皇后欝色雄命(内色許男命、穂積臣遠祖)の妹の欝色謎命(うつしこめのみこと、内色許売命)[1]。同母兄弟には大彦命少彦男心命倭迹迹姫命、異母兄弟には彦太忍信命武埴安彦命がいる。16才で皇太子となる。

父帝が崩御した同じ年の11月に即位。翌年、春日の率川宮に都を移す。以前の都とは大きく離れた大和盆地の北に位置している。即位6年、孝元天皇の妃(側室)だった伊香色謎命を皇后として御間城尊(後の崇神天皇)らを得た。また丹波竹野媛、和珥臣の祖の姥津命の妹の姥津媛を妃にしている。姥津媛との間には狭穂彦命狭穂姫命日葉酢媛命神功皇后の祖となる彦坐王を得た。即位60年、崩御。

編集

  • 稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおおひひのすめらみこと) - 『日本書紀
  • 若倭根子日子大毘毘命(わかやまとねこひこおおびびのみこと) - 『古事記

漢風諡号である「開化天皇」は、8世紀後半に淡海三船によって撰進された[2]

事績編集

『日本書紀』・『古事記』とも系譜の記載のみに限られ、欠史八代の1人に数えられる。

系譜編集

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
火闌降命
 
隼人
 
 
 
 
天照大神
 
天忍穂耳尊
 
瓊瓊杵尊
 
 
火折尊
 
鸕鶿草葺不合尊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天穂日命
 
出雲氏族]
 
 
火明命
 
尾張氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神八井耳命
 
多氏族]
 
 
 
 
 
1 神武天皇
 
 
2 綏靖天皇
 
3 安寧天皇
 
4 懿徳天皇
 
5 孝昭天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天足彦国押人命
 
和珥氏族]
 
 
 
 
 
 
大彦命
 
阿倍氏族]
 
 
 
 
 
 
 
6 孝安天皇
 
7 孝霊天皇
 
8 孝元天皇
 
 
9 開化天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭迹迹日百襲姫命
 
 
 
 
 
 
武内宿禰
 
葛城氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備津彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚武彦命
 
吉備氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


后妃・皇子女編集

  • 皇后伊香色謎命(いかがしこめのみこと) - 元は孝元天皇の妃。
    • 第二皇子:御間城入彦五十瓊殖尊(みまきいりびこいにえのみこと、御真木入日子印恵命) - 第10代崇神天皇
    • 皇女:御真津比売命(みまつひめのみこと:古事記) - 日本書紀なし。
  • 妃:丹波竹野媛(たにわのたかのひめ、竹野比売) - 丹波大県主由碁理の娘。
    • 第一皇子:彦湯産隅命(ひこゆむすみのみこと、比古由牟須美命)
  • 妃:姥津媛(ははつひめ、意祁都比売命) - 姥津命(日子国意祁都命、和珥氏祖)の妹。
    • 第三皇子:彦坐王(ひこいますのみこ、日子坐王)
  • 妃:比売(わしひめ) - 葛城垂見宿禰の娘。

帝王編年記』『本朝皇胤紹運録』など中世編纂の史書には、以上の后妃のうち比売のみが見えず、代わりに吉備津彦命の女の包媛(色媛?)が挙げられている。

年譜編集

『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである[3]。機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

  • 孝元天皇22年
  • 孝元天皇57年
    • 9月、孝元天皇崩御
    • 11月、即位
  • 開化天皇元年
    • 10月、春日率川宮に遷都。
  • 開化天皇6年
    • 1月、伊香色謎命を立后。
  • 開化天皇28年
    • 1月、御間城尊を皇太子とする。
  • 開化天皇60年
    • 4月、崩御。115歳[注釈 1](『日本書紀』)、63歳(『古事記』)[1]
    • 10月3日、春日率川坂本陵(または坂上陵)に葬られた。

編集

宮(皇居)の名称は、『日本書紀』では春日率川宮(かすがのいざかわのみや)、『古事記』では春日之伊邪河宮[4]

宮の伝説地は、現在の奈良県奈良市本子守町周辺と伝承される[4]。同地では、率川神社境内が宮跡にあたるとされる(位置[5]。この説は開化天皇陵にも近く優勢であるが、一方で奈良市春日野町の東の四恩院廃寺付近とする説もある[4]

陵・霊廟編集

(みささぎ)は、宮内庁により奈良県奈良市油阪町にある春日率川坂上陵(かすがのいざかわのさかのえのみささぎ、位置)に治定されている[6][7][8]。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「念仏寺山古墳」で、墳丘長約100メートルの前方後円墳である。

陵について『日本書紀』では前述のように「春日率川坂本陵(坂上陵)」、『古事記』では「伊邪河之坂上」の所在とあるほか、『延喜式』諸陵寮では「春日率川坂上陵」として兆域は東西5段・南北5段、在京戸10烟を毎年あてる旨とともに遠陵としている[8]。近世には近隣の念仏寺の墓地になったため墳丘は削られたが、幕末に墓地の移転と陵の修補がなされて現在に至っている[8]

また皇居では、宮中三殿の1つの皇霊殿において他の歴代天皇・皇族とともに開化天皇の霊が祀られている。

考証編集

実在性編集

綏靖天皇(第2代)から開化天皇(第9代)までの8代の天皇は、『日本書紀』『古事記』に事績の記載が極めて少ないため「欠史八代」と称される。これらの天皇は、治世の長さが不自然であること、7世紀以後に一般的になるはずの父子間の直系相続であること、宮・陵の所在地が前期古墳の分布と一致しないこと等から、極めて創作性が強いとされる。一方で宮号に関する原典の存在、年数の嵩上げに天皇代数の尊重が見られること、磯城県主や十市県主との関わりが系譜に見られること等から、全てを虚構とすることには否定する見解もある[9](詳細は「欠史八代」を参照)。

名称編集

和風諡号である「わかやまとねこひこ-おおひひ」のうち、「わかやまとねこひこ」は後世に付加された美称(持統文武元明元正の諡号に類例[9])、末尾の「ひ」は神名の末尾に付く「ひ」と同義と見て、開化天皇の原像は「おおひひ(大日日/大毘毘)」という名の古い神であって、これが天皇に作り変えられたと推測する説がある[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b 『日本書紀』では「一云」として115歳とするが、記事本文からは111歳の死去になる。

出典編集

  1. ^ a b c 開化天皇(古代氏族) & 2010年.
  2. ^ 上田正昭 「諡」『日本古代史大辞典』 大和書房、2006年。
  3. ^ 『日本書紀(一)』岩波書店 ISBN 9784003000410
  4. ^ a b c 春日率川宮(国史).
  5. ^ 春日率川宮(陵墓探訪記<個人サイト>)。
  6. ^ 天皇陵(宮内庁)。
  7. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)8コマ。
  8. ^ a b c 春日率川坂上陵(国史).
  9. ^ a b 上田正昭 「欠史八代」『日本古代史大辞典』 大和書房、2006年。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集