メインメニューを開く

落合 さより(おちあい さより)は、日本漫画家。性別は非公開。

落合 さより
生誕 (生年月日不明)
日本の旗
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2008年[1] -
ジャンル 青年漫画
代表作ぎんぎつね
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

子供の頃より漫画が好きで、一番好きだった漫画は『ドラゴンボール[1]。雑誌の漫画賞の投稿ページを見たのがきっかけで漫画家になりたいと思うようになり、小学3年生の頃よりノートなどに漫画を描き始める[1]。様々な雑誌に投稿し、『ウルトラジャンプ』(集英社)2008年3月号に『ぎんぎつね』の読切が掲載され、デビュー[1]。『ぎんぎつね』はその後同誌2008年6月号の読切掲載を経て2009年6月号より正式に連載となり、連載デビューを果たす[1]

インタビューでは最も影響を受けた漫画家に鳥山明を挙げており、彼がいなければ漫画家を目指すこともなかったと語っている[1]。また、絵柄やストーリーなどの作風にはスタジオジブリの影響が強いと語っている[1]

主な作品編集

連載編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ぱふ』2010年8月号のインタビューより。

参考文献編集

  • ぱふ』(雑草社) 2010年8月号 2010年6月30日発売 ASIN B003R1BUZ8

外部リンク編集