メインメニューを開く

落合 兼置(おちあい かねおき)は、戦国時代武将日向伊東氏の家臣。

 
落合兼置
時代 戦国時代
生誕 天文4年(1535年
死没 元亀3年(1572年
別名 通称:源左衛門
主君 伊東義祐
テンプレートを表示

落合氏伊東氏庶流。伊東氏祐が日向に下向する際、付き従い被官化した家系。

伊東家中においては「山東惣奉行」という独自の役職で特筆され、家老(御感状連判人数)とは区別されていた事が分かるが具体的な職掌は不明。島津氏側の史料には「日向惣奉行」として名が残る。また、奉行職とは別に大将としての活躍も多く、特に永禄6年(1563年)の目井古城の戦いでは、島津豊州家を相手に寡兵でよく持ちこたえ、勲功第一と賞された。

元亀3年(1572年)、木崎原の戦いで潰走する伊東軍の殿を務めて戦死した。