葛城御県神社(かつらぎみあがたじんじゃ)は、奈良県葛城市葛木にある神社である。式内社で、旧社格村社大和国に6つある御縣神社の1つである。

葛城御県神社
所在地 奈良県葛城市葛木68
位置 北緯34度29分12秒
東経135度43分02秒
座標: 北緯34度29分12秒 東経135度43分02秒
主祭神 劔根命
天津日高日子番能瓊瓊杵命
社格 式内社(大)・村社
本殿の様式 春日造
例祭 10月13日
テンプレートを表示

祭神編集

劔根命を主祭神とし、天津日高日子番能瓊瓊杵命を配祀する。ただし、元々の祭神は天津日高日子番能瓊瓊杵命であり、劔根命は明治5年に祀られたものである。劔根命は、『日本書紀』に神武東征の論功行賞により葛城国造に任じられたと記される人物である。なお、社名の葛城縣主(葛城主殿縣主)の祖神は劔根命の兄にあたる生玉兄日子命八咫烏)である。

歴史編集

創立の年代は不詳である。元々は現在地より100メートル東に鎮座していた。延喜式神名帳に「大和国葛下郡 葛木御縣神社」と記載され、大社に列している。

いつの時代からか境内に八王山西光寺が建立され、後に神社の方は衰えた。1601年慶長6年)、当地の領主桑山氏は自らの産土神である尾張国海東郡の諸鍬神社を三才山(伝飯豊天皇陵)に勧請し、それに当社を合祀した。

1864年元治元年)、葛城御県神社を諸鍬神社より分離し旧社地に復しようとしたが、その地には西光寺があるため、その西の現在地に遷座した。1874年(明治6年)に村社に列格した。

関連項目編集