メインメニューを開く

葛堂 栄隆(かつどう えいりゅう、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴編集

鳥文斎栄之の門人。姓は作品に捺された印章によれば中邑氏。葛堂と号す。作画期は寛政のころで、錦絵3点と肉筆画の作が知られる。

作品編集

  • 「若那初模様 兵庫や月岡」 大判錦絵 ベルリン国立東洋美術館所蔵
  • 「若那初模様 竹屋竹人」 大判錦絵 東京国立博物館、ベルリン国立東洋美術館所蔵
  • 「青楼の正月」 大判三枚続 所蔵先不明
  • 「太夫図」 絹本着色 ※『肉筆浮世絵』第六巻(集英社)に単色図版あり
  • 「朱机に凭る夏姿美人図」 絹本着色 ※寛政頃
  • 「美人立姿図」 絹本着色 ※寺尾隆太郎コレクション、『日本画大成』第41巻所載
  • 「円窓美人図」 絹本着色 ※井上善吉コレクション(兵庫県)、『日本画大成』第41巻所載

参考文献編集

  • 井上和雄編 『浮世絵師伝』 渡辺版画店、1931年 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。57コマ目。
  • クラウス・J・ブラント 『HOSODA EISHI』 西ドイツ、1977年(ドイツ語)
  • 「細田派版画作品目録」 『浮世絵聚花 フォッグ美術館・ネルソン美術館』 小学館、1980年
  • 楢崎宗重 『肉筆浮世絵第六巻 歌麿』 集英社、1981年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年