メインメニューを開く

蒲池 武久(かまち たけひさ、生年不明 - 延元元年/建武3年3月2日1336年4月13日))は、南北朝時代武将日向出羽とも。父は蒲池久家。子に蒲池久憲室。松浦党蒲池氏(前蒲池)最後(9代)の当主。

南朝方に属し、後醍醐天皇に反旗を翻した足利尊氏を迎え撃った多々良浜の戦い菊池武敏の傘下で戦うが討ち死にした。

嫡子は無く残された娘は、女地頭として辛うじて家を守り、南朝凋落の頃に筑後国高良大社で同じ南朝方の筑後宇都宮氏宇都宮久憲に嫁ぎ、久憲が蒲池氏の名跡と遺領を継ぐ。