メインメニューを開く

蒲生 郷可(がもう さとよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

 
蒲生郷可
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 慶長3年(1598年
主君 浅井長政柴田勝家蒲生氏郷秀行
氏族 上坂氏→蒲生氏
父母 養父:上坂兵庫助
兄弟 郷可郷治
テンプレートを表示

生涯編集

初め近江国の土豪上坂兵庫助の養子となって上坂左文と名乗り、浅井長政の家臣となった。主家の滅亡後、柴田勝家に仕える。しかし、天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いで勝家が自刃すると浪人した後に羽柴秀吉に仕えるため、蒲生氏郷を頼るが、氏郷に武勇を買われて蒲生家に仕官する。天正15年(1587年)、秀吉の九州征伐岩石城攻略で先鋒を務め戦功を立てたため、のちに蒲生姓を許され、蒲生郷可と名乗った。小田原征伐の際、韮山城攻めで鉄砲に当たりながらも敢戦。その後の小田原城包囲戦では包囲中に遭った太田氏房の夜襲では奮戦して押し返した。

天正18年(1590年)、蒲生家が会津に移封されると、伊南城で1万石を預かり、葛西大崎一揆の際は留守居を務め、名生城に籠城中の氏郷に弾薬を補給した。九戸政実の乱では糠部城を攻め、戦後、中山城主となり、1万3千石を知行した。朝鮮出兵中の蒲生騒動で仕置奉行(家老)筆頭であった同僚の蒲生郷安と対立するが、蒲生郷成の調停で事なきを得た。氏郷の死後、秀行の会津若松時代に慶長3年(1598年)の郷安の綿利良秋殺害事件に際して、郷安を追放する。秀行が下野宇都宮へ移封されると、河原城主となり、6千石を知行したが、まもなく死去。

参考文献編集