蔡 成勲(さい せいくん)は、清代から中華民国にかけての軍人。北洋系の軍人で、北京政府では直隷派に属した。虎臣

蔡 成勲
Cai Chengxun.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1873年同治12年)
死去: 1946年民国35年)
中華民国の旗 中華民国 (国民政府)天津市
出身地: 清の旗 直隷省天津府天津県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 蔡成勳
簡体字 蔡成勋
拼音 Cái Chéngxùn
和名表記: さい せいくん
発音転記: ツァイ チョンシュン
ラテン字 Ts'ai Ch'eng-hsün
テンプレートを表示

事績編集

1900年光緒26年)、北洋武備学堂を卒業する。京畿附近駐屯軍副司令、督練処参議官、浙江第21鎮協統領などを歴任した。1912年民国元年)、北京大総統府侍従武官に任命される。翌年に陸軍第1師第1旅旅長、1914年(民国3年)に陸軍第1師師長と昇進していく。

1916年(民国5年)6月の袁世凱死後は直隷派に属し、翌年に第7軍軍長に昇進した。同年8月、綏遠都統を兼任した。民国9年(1920年)9月、甘粛督軍を兼任する。民国10年(1921年)5月、陸軍総長に就任したが、同年12月に辞任した。

1922年(民国11年)6月、督理江西軍務善後事宜に就任して、同省を統治した。1924年(民国13年)、配下である贛南鎮守使方本仁により下野に追い込まれた。以後、天津に戻り隠居した。

1946年(民国35年)、死去。享年74。

参考文献編集

  • 来新夏ほか『北洋軍閥史 下冊』南開大学出版社、2000年。ISBN 7-310-01517-7
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国北京政府
先代:
陳光遠
綏遠都統
1917年8月 - 1921年5月
次代:
馬福祥
先代:
張広建
甘粛督軍
1920年12月 - 1922年5月
1921年5月より陸洪濤が
暫行護理)
次代:
陸洪濤
先代:
靳雲鵬
陸軍総長
1921年5月 - 12月
次代:
鮑貴卿
先代:
陳光遠(江西督軍)
江西督理
1922年6月 - 1924年12月
(正式就任は1922年9月)
次代:
方本仁(江西督弁)