蕭 文寿(蕭文壽、しょう ぶんじゅ、建元元年(343年) - 景平元年2月10日423年3月7日))は、南朝宋の武帝劉裕の継母。孝懿皇后と追尊された。本貫蘭陵郡蘭陵県

経歴編集

洮陽県令の蕭卓と趙氏(呉郡寿昌県君)のあいだの娘として生まれた。趙安宗の死後、劉翹の後妻として迎えられた。長沙景王劉道憐と臨川烈武王劉道規を産んだ。義熙7年(411年)、豫章公太夫人に封じられた。義熙12年(416年)、劉裕が北伐すると、文寿は彭城・寿陽にとどまった。元熙元年(419年)、劉裕が宋王となると、文寿は太妃の号を加えられた。翌元熙2年(420年)に入朝し、東府に移り住んだ。同年(永初元年)6月、劉裕が皇帝に即位すると、文寿は皇太后に立てられた。

永初3年(422年)、少帝が即位すると、文寿は太皇太后となった。景平元年(423年)2月、建康の顕陽殿にて死去した。享年81。興寧陵に合葬された。

伝記資料編集