蕭 機(しょう き、499年 - 528年)は、南朝梁皇族。安成煬王。は智通。

経歴編集

安成康王蕭秀の子として生まれた。容姿が美しく、博学強記であった。503年天監2年)、安成国世子に立てられた。507年(天監6年)、寧遠将軍・会稽郡太守に任じられた。召還されて給事中となった。520年普通元年)、安成郡王の封を嗣いだ。この年のうちに太子洗馬となり、中書侍郎に任じられた。521年(普通2年)、明威将軍・丹陽尹に転じた。522年(普通3年)、持節・都督湘衡桂三州諸軍事・寧遠将軍・湘州刺史として出向した。州にあっては収奪が多く、たびたび弾劾を受けた。528年大通2年)、湘州で死去した。享年は30。は煬といった。詩賦数千篇を残し、元帝がかれの文集に序文を書いた。

子の蕭操が後を嗣いだ。

伝記資料編集