メインメニューを開く
薄田斬雲

薄田 斬雲(うすだ ざんうん、「すすきた ざんうん」とも、1877年明治10年)1月27日 - 1956年昭和31年)3月27日)は日本の小説家、ジャーナリスト。伝記作品を多く残した。本名は貞敬。

経歴編集

青森県弘前町蔵主町(現・弘前市)出身。1895年(明治28年)青森県尋常中学校を経て、1899年(明治32年)に東京専門学校(現・早稲田大学)文学科選科を卒業。京成日報記者を経て早稲田大学出版部編集委員となる。1917年(大正6年)には衆議院議員野田卯太郎頭山満、子爵で法学博士の田尻稲次郎らの組織した大民団(大民倶楽部)に加わり山田三七郎とともに運営本部の任にあたった。 作家としては、デビュー当初は自然主義の影響下にある小説・戯曲・随筆などを発表していたが、徐々に関心のメインは伝記などへ移っていった。代表作として、中学時代からの友人でもあった柔道家・前田光世コンデ・コマ)の世界武者修行の様子を描いた『世界横行柔道武者修業』などがある。

また、アントン・チェーホフの『黒衣の僧』や、ヘンリー・レヴェレージのミステリ小説『囁く電線』(原題:The Whispering Wires)などの翻訳も行っていた他、押川春浪の代筆なども行っている。

主な著作・編著編集

参考文献編集

外部リンク編集