藤井 勉(ふじい つとむ、1948年5月8日 - 2017年9月12日)は、日本の洋画家。秋田県出身。

略歴編集

1948年昭和23年)5月、秋田県仙北郡飯詰村(現美郷町)天神堂に藤井吉五郎の次男として生まれる[1][2]六郷町立六郷中学校秋田県立六郷高等学校を経て岩手大学教育学部特設美術科に進み、以後岩手県盛岡市を拠点として創作活動に入った[1][2]1976年(昭和51年)に第20回シェル美術展で佳作賞を、1977年(昭和52年)には第12回昭和会展で優秀賞を受賞し、1980年(昭和55年)には第23回安井賞展で入選を果たしている[2]。写実的な少女画をライフワークとしている[2]。代表作は「風」「剣」「寂」[1]

パリなど国内外の各地で個展を開いている[2]1998年(平成10年)には初めて郷土仙南村(当時)で個展をひらいた[2]

2017年(平成29年)9月12日心不全のため、盛岡市内の病院で死去、69歳[3]

なお、美郷町金沢西根百目木の百記山等心寺(浄土真宗大谷派)には幼少期の藤井勉の描いた吉祥画が本堂天井画板のひとつとして飾られている[1]

おもな作品編集

  • 「祝婚歌」(油彩10号)
  • 「待宵草」(油彩15F)
  • 「夏の光」(油彩5F)
  • 「新雪」(油彩10F)
  • 「生ふたたび」(水彩50F)

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 『仙南村郷土誌』仙南村村史編纂委員会(編)、仙南村、1992年7月。

関連項目編集