藤原仁善子

平安時代中期の女官

藤原 仁善子(ふじわら の にぜこ、生年不明 - 天慶8年12月19日946年1月24日))は、平安時代中期の女官左大臣藤原時平の長女[1]で、保明親王の妃。

延喜16年(916年)に東宮・保明親王の妃となる。慶頼王煕子女王の生母となるが、延喜23年(923年)に親王は即位することなく薨御延長3年(925年)には慶頼王も薨御した。

天慶8年12月(946年1月)卒去。本院御息所と呼ばれた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 本朝世紀天慶8年12月19日条。

参考文献編集

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年