藤原 実清
時代 平安時代後期
生誕 保延5年(1139年
死没 元暦2年1月8日1185年2月16日[1]
官位 正三位大宰大弐
氏族 藤原北家
父母 藤原長輔藤原清隆の娘[2]
兄弟 長重実清季隆高実長明、恵任、長恵、卯恵、卯性、円長、円輔、源通資[3]
高階愷子高階清章の娘)[4]
長経清季長清、源通資室[3]
テンプレートを表示

藤原 実清(ふじわら の さねきよ)は、平安時代後期の公卿

略歴編集

仁平元年(1151年叙爵され、仁平3年(1153年)に越前守に任じられて以来、各国守左兵衛権佐を歴任する。また応保元年(1161年)からは八条院別当を務めた。安元3年(1177年内蔵頭を経て同治承元年には従三位に上り公卿に列する[2]。治承5年(1181年大宰大弐となり[5]寿永2年(1182年正三位となったものの、同年の源義仲による院近臣らの大量解官の際に実清もその対象となった[6]。寿永3年(1184年)元の職に復帰したものの、病を得て辞官出家し、翌元暦2年(1185年)死去した[1]。妻の愷子(丹波局)は実清と同じく八条院に仕えた後、後鳥羽天皇乳母を務めている[4]

官歴編集

※出典の明示がないものはいずれも『公卿補任治承元年条による[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 『公卿補任』, § 元暦元年.
  2. ^ a b c 『公卿補任』, § 治承元年.
  3. ^ a b 『尊卑分脉』, p. 360.
  4. ^ a b 山口 2020, p. 174.
  5. ^ a b 『公卿補任』, § 寿永元年.
  6. ^ a b 『公卿補任』, § 寿永二年.
  7. ^ 槙 1993, pp. 249–250.

参考文献編集

  • 槙道雄 『院政時代史論集』続群書類従完成会、1993年。ISBN 9784797106527 
  • 山口希世美「院政期天皇の乳母の選任について」 『佛教大学大学院紀要 文学研究科篇』 48巻、佛教大学大学院、2020年。 
  • 公卿補任』 1巻、吉川弘文館〈新訂増補国史大系〉、2007年。ISBN 9784642003568 
  • 尊卑分脉』 2巻、吉川弘文館〈新訂増補国史大系〉、2007年。ISBN 9784642040624