藤原師基 (中関白家)

藤原 師基(ふじわら の もろもと、長元4年(1031年) - 承保4年2月10日1077年3月7日))は、平安時代後期の貴族藤原北家権大納言藤原経輔の子。官位正四位下若狭守

経歴編集

後冷泉朝にて右馬頭皇后宮権亮皇后藤原寛子)を経て、康平6年(1063年右中弁に直任される。治暦元年(1065年)左中弁に昇任され、治暦3年(1067年)2月には蔵人頭(頭弁)に補せられる。しかし、同年より病気のために出仕できなくなり、治暦4年(1068年)3月に蔵人頭を辞し、治暦5年(1069年)には左中弁も解かれて若狭守として地方官に転じた。

承保4年(1077年) 2月10日卒去享年47。最終官位は前若狭守正四位下

官歴編集

注記のないものは『弁官補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原経輔
  • 母:藤原資業の娘
  • 妻:源隆国の三女[3]
  • 妻:源定良の娘
  • 妻:平貞叙の娘
    • 男子:心基
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原家賢
    • 男子:尊智
    • 男子:仁寛

脚注編集

  1. ^ 『春記』
  2. ^ 『尊卑分脈』
  3. ^ 『中右記』嘉承元年6月5日条

参考文献編集