藤堂 高般(とうどう たかかず)は、江戸時代中期の伊勢国津藩の世嗣。通称は兵部。官位従四位下大学頭

 
藤堂高般
時代 江戸時代中期
生誕 享保16年(1731年
死没 宝暦4年7月6日1754年8月23日
別名 通称:兵部
官位 従四位下大学頭
伊勢津藩世嗣
氏族 藤堂氏
父母 藤堂高治、田野氏
藤堂高朗
兄弟 高般、岸
高悠
テンプレートを表示

略歴編集

6代藩主・藤堂高治の長男。母は田野氏。

父・高治が死去した時は幼少だったため、支藩・久居藩主・藤堂高朗が跡を継いだ。宝暦2年(1752年)8月23日、高朗の養子となる。同年9月1日、9代将軍・徳川家重御目見した。同年12月16日、従四位下・大学頭に叙任された。しかし、その2年後に早世した。高朗の四男で、養子・高悠が嫡孫となった。