藤堂 高治(とうどう たかはる)は、伊勢国津藩6代藩主。元は津藩の支藩である伊勢久居藩4代藩主、久居陣屋の主。藤堂家宗家6代、久居藩藤堂家4代。父は、津藩の藩祖・藤堂高虎の弟・藤堂高清の孫で、一門の藤堂出雲家第3代の藤堂高明

 
藤堂高治
Todo Takaharu.jpg
藤堂高治像
時代 江戸時代中期
生誕 宝永7年8月19日1710年9月12日
死没 享保20年8月2日1735年9月18日
改名 小次郎・幸之進(幼名)、高治
戒名 長空院殿智風高達権大僧都
墓所 三重県津市の寒松院
官位 従五位下大膳亮従四位下大学頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
伊勢久居藩主、伊勢津藩
氏族 藤堂氏
父母 藤堂高明、貞性院
兄弟 高武高治
宗義誠
上田氏、村瀬氏、田野氏
高般、岸、高朗
テンプレートを表示

生涯編集

享保8年(1723年)9月13日、伊勢久居藩の先代藩主である高陳が病のために隠居した。高陳には嗣子がなかったため、高治が跡を継いだ。同年10月1日、将軍徳川吉宗御目見する。同年12月18日、従五位下・大膳亮に叙任する。

享保13年(1728年)4月、本家の伊勢津藩主・藤堂高敏疱瘡が原因で死去した。同年6月11日、高敏にも嗣子がなかったため、久居藩主であった高治がその養嗣子となって本家の家督を継いだ。久居藩の家督は高治の甥で養嗣子の高豊(のちの高朗)が継いだ。同年7月1日、将軍徳川吉宗に御目見する。同年12月21日、従四位下に昇進する。享保15年12月15日(1731年)、侍従に任官する。

高治は津藩の荒廃した農村復興などに努め、さらに学問を奨励した。享保20年8月2日1735年9月18日)、26歳で死去した。家督は久居藩主の高朗が継いだ。

系譜編集