メインメニューを開く

藤守の田遊び(ふじもりのたあそび)は、静岡県焼津市(旧志太郡大井川町)字藤守に伝わるに民俗芸能の田楽田遊び)である。1977年(昭和52年)5月17日重要無形民俗文化財に指定された。

目次

概要編集

元亀年間(1570年 - 1573年)に現在のような形式を確立したと伝えられ、旧来は旧暦1月17日や、新暦2月17日に行われていたが、1961年(昭和30年)以降、毎年3月17日に藤守(郷)に鎮座する大井八幡宮で行われる。

当日は午前から「内祭の儀」「外祭の儀」と呼ばれる饗応儀礼および豊凶を占う的射儀礼があり、夕刻の6時頃から田遊びが始まる。芸能の奉仕者は氏子の未婚男子であり、役割は年齢階梯によって振り分けられ最も重要な役とされる「振取」は青年団の統率者が務める。奉仕者は全員が薄化粧をし女用の腰帯を数本束ねてにする。奉納される田楽は25番の演目と番外からなり、1年の農作業の行程を模擬的に演じる。

演目編集

  • 番 外 : 天狗
  • 第 1番: 長刀(なぎなた)
  • 第 2番: 振取(ふっとり)
  • 第 3番: 御獅子(おしし或はおしっさん)
  • 第 4番: 鍬入(くわいれ)
  • 第 5番: 荒田(あらた)
  • 第 6番: 寄塗(よせぬり)
  • 第 7番: 水口申(みなぐちもうし)
  • 第 8番: 鳥追(とりおい)
  • 第 9番: 山田
  • 第10番: 徳太夫(とくだゆう)
  • 第11番: 麦搗(むぎつき)
  • 第12番: 田植
  • 第13番: 代草(しろくさ)
  • 第14番: 孕早乙女(はらみそうとめ)
  • 第15番: 小編木(こざさら)
  • 第16版: 早乙女
  • 第16番: 高野殿(こうのとの)
  • 第18番: 棒
  • 第19番: 神子舞(かみこまい)
  • 第20番: 間田楽(までんがく)
  • 第21番: 猿田楽(さるでんがく)
  • 第22番: 宝来(ほうらい)
  • 第23番: 稲刈り
  • 番 外 : 鯛釣
  • 第24番: 長刀 夜明け
  • 第25番: 御獅子
  • 番 外 : 天狗

関連項目編集

外部リンク編集