藤村 聡(ふじむら さとし、1965年3月 - )は、日本経営学者神戸大学経済経営研究所准教授。専門は日本経済経営史。研究課題は幕末維新期~昭和前期の経済経営史、近年は「兼松資料」による企業史

経歴編集

学歴編集

  • 昭和58年 3月 - 高水高等学校卒業
  • 昭和62年 3月 - 金沢大学文学部史学科(国史学専攻)卒業
  • 平成 2年 3月 - 東北大学大学院文学研究科(国史学専攻)修了
  • 平成 9年 3月 - 神戸大学大学院文化学研究科(社会文化専攻)修了

職歴編集

  • 平成10年 9月 - 神戸大学経済経営研究所 - 非常勤研究員(平成12年3月まで)
  • 平成11年 4月 - 国立明石工業高等専門学校 - 非常勤講師(平成13年3月まで)
  • 平成13年 4月 - 神戸大学経済経営研究所 - 非常勤講師
  • 平成14年 3月 - 神戸大学経済経営研究所 - 専任講師
  • 平成16年 4月 - 神戸大学経済経営研究所 - 准教授

主な著書編集

『近世中央市場の解体-大坂米市場と諸藩の動向-』(清文堂出版 2000年

外部リンク編集