メインメニューを開く

藤田 高之(ふじた たかゆき、1847年8月28日弘化4年7月18日[1] - 1921年大正10年)5月28日[1])は、広島県出身の政治家検察官衆議院議員を務めた。通称は次郎[1]、号は九樹[1]

経歴編集

1847年(弘化4年)安芸国(広島県)に生まれる。広島藩学問所(現修道中学校・修道高等学校)に学び[2]、1863年(文久3年)学問所句読師となる。1867年(慶応3年)神機隊の隊長に就任。1868年(明治元年)戊辰戦争に出征し戦功を挙げた。1874年(明治7年)司法省に出任。1880年(明治13年)東京上等裁判所検事となる。1892年(明治25年)立憲改進党から衆議院議員に当選(広島県選出)。以後当選2回。1893年(明治26年)に播但鉄道初代社長に就任。1921年(大正10年)死去[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 藤田高之』 - コトバンク
  2. ^ 修道中学校編 「修道中学校史」1931年 28頁

関連項目編集