蘭庭明玉禅尼

伊達政宗の正室。陸奥国伊達郡に輪王寺を創建。

蘭庭 明玉禅尼(らんてい みょうぎょくぜんに、延文元年(正平11年)[1]1356年) - 嘉吉2年7月20日1442年8月25日))は、南北朝時代から室町時代の大名、伊達政宗の妻[1]輪王寺殿とも。

経歴・人物編集

石清水八幡宮検校善法寺通清の娘[2]足利義満の母紀良子の妹[1]伊達氏宗を生む[1]。晩年、陸奥国伊達郡輪王寺(後、仙台市に移転)を創建[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『蘭庭明玉禅尼』 - コトバンク
  2. ^ a b 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『蘭庭明玉禅尼』 - コトバンク