メインメニューを開く

蛇スープは、爬虫類ヘビを主な食材として使用したスープ

広東式編集

 
太史五蛇羹

中国料理の中でも特に広東料理は伝統的に蛇を食材として使用しており、広州香港には、蛇専門の食材店や料理店がある。

中国料理としての蛇スープは、一般的な中華スープ同様に、さらっとした(タン)と、とろっとした(カン)に大きく分かれる。広東の蛇スープも両方あるが、有名なのは「羮」の方であり、「蛇羮」(ショーカン。広東語でセーカン)と呼ばれる。冬眠前の蛇は脂が乗って美味と言われ、「蛇羮」を秋に食べると一冬風邪をひかないと言われている。薬味として、の花びら、レモンの葉の細切り、小麦粉をこねて薄く揚げた「薄脆 ボクチョイ」と呼ばれるクラッカーを加えて食べる。香港の蛇食材店の多くは市場にあり、店頭で気軽に「蛇羮」を食べられるようにしている。

台湾式編集

広東ほど一般的ではないが、台湾でも各地に蛇スープを提供する店がある。台湾には広東料理店もあるが、台湾の蛇スープ専門店ではさらっとした透明なスープの「湯」を出すのが普通である。中には臭み消しの細切りのショウガなどが入れてある。味が出た後の肉には余り味がないが、タンパク源になるので、皿に出して、醤油を付けて食べる。店によっては、乾燥させて粉砕した蛇の粉末を販売しているが、これをスープに加えるとうま味が増す。