蜜の味 〜テイスト オブ マネー〜

蜜の味 〜テイスト オブ マネー〜』(原題:돈의 맛、英題: The Taste of Money)は、イム・サンス監督による2012年公開の韓国映画韓国財閥一家の不穏な関係が描かれる。

蜜の味
〜テイスト オブ マネー〜
돈의 맛
監督 イム・サンス
脚本 イム・サンス
音楽 キム・ホンジプ
撮影 キム・ウヒョン
配給 大韓民国の旗ロッテエンタテインメント
日本の旗 クロックワークス
公開 大韓民国の旗 2012年5月17日
日本の旗 2013年2月17日
上映時間 115分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
英語
タガログ語
興行収入 $7,539,438[1]
テンプレートを表示

第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、パルム・ドールを競った[2]

キャスト編集

テーマ編集

『蜜の味』ではまず金による堕落の影響が探られている[3]。イムの前監督作の精神的な続編であり、彼は本作を「これは『ハスメイド』の延長であり、『ハウスメイド』の子供が成長した後の物語と言える」と語った[4]

受賞とノミネート編集

賞・映画祭 部門 対象 結果
カンヌ国際映画祭[2] パルム・ドール イム・サンス ノミネート
釜日映画賞英語版 音楽賞 キム・ホンジプ 受賞
助演女優賞 キム・ヒョジン ノミネート
ユン・ヨジョン ノミネート
撮影賞 キム・ウヒョン ノミネート
美術賞 Kim Yeong-hee、Kim Joon ノミネート

参考文献編集

  1. ^ Do-nui mat (The Taste of Money) (2012)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月9日閲覧。
  2. ^ a b 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  3. ^ http://www.timeout.com/film/reviews/92789/the-taste-of-money.html
  4. ^ Lee, Claire (2012年5月17日). “Im Sang-soo takes disturbing portrait of chaebol to Cannes”. The Korea Herald. 2012年11月20日閲覧。

外部リンク編集