パルム・ドール

パルム・ドール: Palme d'Or)は、カンヌ国際映画祭1946年 - )における最高賞。

目次

変遷編集

1939年から1954年までは最高賞を「グランプリ」(Grand Prix du Festival International du Film)としていたが、1955年トロフィーの形にちなんだ「パルム・ドール」(黄金シュロ、デザインはジャン・コクトー)を正式名称とし、「グランプリ」とも呼ばれる形とした。

1965年に最高賞の正式名称を「グランプリ」に戻すが[1]1975年に再度「パルム・ドール」とした[2]

長らくカンヌにおいては「グランプリ」とは最高賞の正式名称もしくは別名であったが、1990年からは審査員特別賞Grand Prix Spécial du Jury)に「グランプリ」の名が与えられることになった。こちらは最高賞ではないので注意が必要である。

受賞記録編集

パルムドールの最多受賞記録は現在2回であり、それを達成した監督は、

の8組である。

パルム・ドールを受賞した女性監督はジェーン・カンピオンのみであり、金熊賞金獅子賞の4人に比べ少ない。

パルム・ドール受賞作は他の賞を受賞できないという決まりがある。そのため2013年には『アデル、ブルーは熱い色』での演技を表彰する目的で、監督アブデラティフ・ケシシュに加え、主演のアデル・エグザルホプロスレア・セドゥにもパルム・ドールが贈られた。これは審査委員長スティーヴン・スピルバーグの計らいによるものであり、史上初のことである。

1930年代編集

開催年 題名
原題
監督 製作国
1939年 大平原
Union Pacific
セシル・B・デミル   アメリカ合衆国

1940年代編集

開催年 題名
原題
監督 製作国
1946年 もだえ
Iris och löjtnantshjärta
アルフ・シェーベルイ   スウェーデン
失われた週末
The Lost Weekend
ビリー・ワイルダー   アメリカ合衆国
地球は赤くなる
De røde enge
ボディル・イプセン
ラウ・ラウリッツェン
  デンマーク
下層都市
Neecha Nagar(नीचा नगर)
チェタン・アナンド   インド
逢びき
Brief Encounter
デヴィッド・リーン   イギリス
マリア・カンデラリア
María Candelaria (Xochimilco)
エミリオ・フェルナンデス   メキシコ
偉大な転換
Великий перелом
フリードリッヒ・エルムレル   ソビエト連邦
田園交響楽
La symphonie pastorale
ジャン・ドラノワ   フランス
最後のチャンス
Die letzte Chance
レオポルト・リントベルク   スイス
翼のない男たち
Muzi bez krídel
フランチシェク・チャープ   チェコスロバキア
無防備都市
Roma, città aperta
ロベルト・ロッセリーニ   イタリア
1947年 受賞作なし
1949年 第三の男
The Third Man
キャロル・リード   イギリス
註:1946~54年まではパルム・ドールではなくグランプリという名前だった。1948年には映画祭自体が開催されなかった。

1950年代編集

1960年代編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Awards at Cannes Film Festival: Golden Palm”. The Internet Movie Database (2008年). 2008年5月28日閲覧。
  2. ^ Awards at Cannes Film Festival: Grand Prize of the Festival”. The Internet Movie Database (2008年). 2008年5月28日閲覧。

外部リンク編集