メインメニューを開く

蝶花楼馬楽 (2代目)

2代目 蝶花楼 馬楽(ちょうかろう ばらく、1833年5月 - 1889年6月22日)は、落語家。本名は加藤幸之助。実兄に5代目桂文治がいる。

2代目 蝶花楼 馬楽ちょうかろう ばらく
本名 加藤 幸之助
生年月日 1833年5月
没年月日 1889年6月22日
出身地 日本の旗 日本
師匠 3代目都々一坊扇歌
3代目麗々亭柳橋
名跡 1. 都々一坊歌生
2. 麗々亭?柳女
3. 2代目蝶花楼馬楽
活動期間 ? - 1889年
家族 5代目桂文治(兄)

最初は都々一坊扇歌(代数は不明だが恐らく時期的に推測して3代目扇歌)の門で歌生。後に3代目麗々亭柳橋の門で麗々亭?柳女、さらに明治3年4年ころに2代目蝶花楼馬楽と改名。

芸は達者であったが芸界きっての変わり者で寄席の持ち時間を無視して枕だけで1時間喋って席亭を困らせることもあったという。

墓石が小石川永泉寺に兄文治と同じ所に埋葬されている。墓石の横には「初代蝶花楼馬楽墓」と刻まれているが実際は初代金原亭馬生の門で初代が確認されている。

出典編集