行動論主義(英:behavioralism)は、第二次世界大戦後のアメリカ政治学学会に興った、自然科学をモデルに価値中立的で実証主義的、計量的な方法論で人間の政治行動を研究する立場。

政治過程論の確立に貢献した。行動科学の一種とみなされることもある[1]

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Guy, James John (2000-08-01). People, Politics and Government: A Canadian Perspective. Pearson Education Canada. p. 58. ISBN 0-13-027246-9. https://archive.org/details/peoplepoliticsgo0005guyj. "The term behaviouralism was recognized as part of a larger scientific movement occurring simultaneously in all of the social sciences, now referred to as the behavioural sciences."