裴迪(はい てき、生没年不詳)は、中国五代後梁の武将である。本貫河東郡聞喜県(現在の山西省運城市聞喜県)、名族の出身である。

生涯編集

財務に精通しており、簿書を能くしたため、末に裴璩の属官となり、汴宋蘄等州供軍院使、租庸招納使を務めた。

後梁の太祖となる朱全忠が宣武に鎮すると、招かれて節度判官となった。裴迪は兵賦徴調を管掌し、太祖自身は兵を統括するのみで、財政や獄訴は全て裴迪が管轄した。

朱全忠が西の方のを征討した際、その隙に王師範が都の汴京を襲おうとしたが、その密謀を事前に暴き、その功によって、右僕射、司空に任ぜられた。官を辞して後、没した。

伝記資料編集