西尾 嘉教(にしお よしのり)は、美濃揖斐藩の第2代(最後)の藩主。

 
西尾嘉教
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正18年(1590年
死没 元和9年4月2日1623年5月1日
別名 小六(通称)、政照
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下、出雲守、豊後
幕府 江戸幕府
美濃揖斐藩
父母 父:木下吉隆、母:西尾光教の長女
養父:西尾光教
兄弟 教次嘉教氏教
正室:内藤政長の娘
テンプレートを表示

生涯編集

木下吉隆の次男といわれる。慶長13年(1608年)、外祖父西尾光教の養子となっていた兄教次が早世したため、光教の養嗣子となる。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では光教と共に出陣している。元和元年(1615年)、光教の死去により揖斐2万5000石の遺領を継ぐが、元和9年(1623年)4月2日に34歳で死去した。嗣子が無かったため、西尾家は改易された。なお、弟氏教の子孫は4500石の旗本として存続している。