メインメニューを開く

西本 馨(にしもと かおる、1923年8月10日 - 2012年1月14日)は、将棋棋士。1973年引退木見金治郎九段門下。棋士番号は52。大阪府大阪市福島区出身。

 西本馨 七段
名前 西本馨
生年月日 (1923-08-10) 1923年8月10日
没年月日 (2012-01-14) 2012年1月14日(88歳没)
プロ入り年月日 1948年
棋士番号 52
出身地 大阪府大阪市福島区
師匠 木見金治郎九段
段位 七段
戦績
2017年8月23日現在
テンプレートを表示

人物編集

四段昇段(プロ入り)の後、徐々に視力を失う。後天的に視力を失った影響は大きく、当初は好調だった成績も徐々に落ち、1958年のC級2組順位戦で0勝14敗により陥落。その後、15年間にわたって予備クラス、奨励会A組(奨励会三段が所属したクラス)で指しつづけた。1972年前期から休場し、その後奨励会B組に在籍。1973年10月に引退。

京都府舞鶴市に道場を開く[1]。また、日本盲人会連合主催の全国盲人将棋大会において名誉審判長を務める事があった[2]

2003年1月、盤寿を迎えた。

趣味は浪曲[3]。好きな言葉は「人生は修行の道場なり」[3]

2012年1月14日、肺炎のため死去[4][5]。88歳没。

昇段履歴編集

  • 1940年 入門
  • 1944年 初段
  • 1948年 四段 = プロ入り
  • 1973年 引退
  • 1974年11月3日 五段(贈五段 = 「表彰感謝の日」表彰)
  • 1989年11月17日 六段(贈六段 = 「将棋の日」表彰)
  • 2006年11月 七段

主な戦歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集